電気代はウォーターサーバー選びの隠れた重要ポイント

ウォーターサーバー選びの隠れた重要ポイント、それは電気代なのです。
なぜならウォーターサーバーには通常温水機能と冷水機能が付いていて、これが思った以上に電気を食うのです。

 

賢い主婦は一円でも安く上げるために注意深い選択をしたいとおもうでしょう。
ではちょっと考えていみてください。

 

もし同じような水で月々のレンタル料が200円も違うなら、絶対安いほうの製品を選ぶことでしょう。
なぜなら一年という単位で考えると2400円も違いが出るからです。

 

しかしウォーターサーバーの電気代という点で、実は各業者間に毎月200円以上の差が出ていることを知っているでしょうか?

 

これを説明するには簡単に電気の話をする必要があります。
電気製品にはすべて○○Wという表示がなされています。
これは一時間当たりどれくらいの電力を消費するかを意味しています。

 

例えば1500Wのエアコンを一時間つけると1.5KW消費します。
これは約30円掛かることを意味します。
10時間つけると約300円掛かるというわけです。
それを一ヶ月付け続けると9000円掛かるというわけです。
しかし省エネタイプ750Wのエアコンですと電気代は半額の4500円しか借りません。
消費電力によって毎月何千円もの値段の差が出るというわけです。

 

同じようにウォーターサーバー各社の消費電力には差があります。
一番省エネタイプなのはアクアセレクトのウォーターサーバーで、消費電力はなんと35W。
30日間付け続けると600円の電気代で済むという計算になります。

 

しかし他社ウォーターサーバーは実は恐ろしいほどの電気を消費します。
アルピナは冷水95W、温水なら330Wも消費します。
クリクラも冷水73W・温水なら450Wも消費するのです。
どうぞ電気代にするといくら掛かるのか計算してみてください。

 

月々の電気代を考慮したうえでウォーターサーバーを選ぶなら俄然アクアセレクトがお勧めです。