赤ちゃんにも適した水−アクアセレクト

「赤ちゃんにはミネラルウォーターでミルクを作らないでくださいね」
このようにお医者さんから言われた人は少なくないでしょう。

 

なぜならば赤ちゃんのお腹は大人のお腹と比べて消化器官がまだ十分に発達していないために、濃いミネラル成分を消化しきれないからです。
赤ちゃんはミネラルウォーターを使用するとすぐにお腹を壊してしまうのです。

 

カギとなるのは水が硬水か軟水かという点です。
ヨーロッパでは硬水が普通ですが、日本では基本軟水を飲む習慣があります。
正直大人は硬水を飲んだほうが身体にはいいでしょう。
しかし赤ちゃんが硬水を飲むとすぐに胃腸の働きが弱ってしまいます。

 

日本の水は一般に軟水です。
では日本ならどの水で良いかというとそうでもありません。

 

例えば水道水。
本来赤ちゃんのミルクを作るのは水道水でいいのですが、原発事故以降、通常の水道水は放射能の危険が疑われてきました。
日本の浄水設備では細菌などの消毒する設備は整っていても放射能を消す設備はないからです。

 

よって赤ちゃんのためには水道水をろ過して作ることができるRO水ではなく、軟水かつ天然水のものが一番安全な水ということになります。

 

安全なところで言えばアクアセレクトの天然水はモンドコレクション受賞しているだけあって質が高く、硬度も30の軟水ですから、赤ちゃんのミルク作りにはもってこいの水だといえるでしょう。

 

しかし日本の山地にある天然水採水の中には鉱脈地帯もあり、硬度が100を超える天然水も存在します。
赤ちゃんにはこんな天然水を飲ませていはいけません。

 

赤ちゃんのミルク作りには温水機能も重要です。
忙しいママが粉ミルクにすぐ温水を注ぐことができるなら大きな助けになります。
冷水と温水とが自由に選べるアクアセレクトなら、お湯を沸かす手間が省けて便利でしょう。