ウォーターサーバー料金一番安いのはどこか?

数多くあるウォーターサーバーの中でももっとも料金が安いのはどのウォーターサーバーでしょうか?

 

トータル料金を考える上で必要なのは下記の2点です。

 

水の料金
ウォーターサーバーのレンタル料金

 

いずれも重要な要素で、各ウォーターサーバーの会社によって1000円単位で料金が変わってきます。

 

まず水の料金でいくと、次の順位になります。

1位 アルピナウォーター 12リットルあたり600円(RO水)
2位 アクアクララ 12リットル当たり1260円(RO水)
3位 アクラセレクト 12リットル当たり1400円(天然水)
4位 富士の湧水 12リットル当たり1600円(天然水)
5位 コスモウォーター 12リットル当たり1785円(天然水)

 

全体として水道水からでもろ過すれば作れるRO水は安めで、採水池から運ばなくてはいけない天然水は少し料金が高めになる傾向があります。

 

続いてウォーターサーバーの月々レンタル料は次の順位になります。

 

1位 無料 アクアセレクト、コスモウォーター、フレシャスウォーター
2位 600円 アルピナウォーター、ハワイウォーター
3位 1050円 アクアクララ

 

無料とうたっているのは通常水の料金の中にウォーターサーバー代が含まれているためです。
ウォーターサーバーを純粋に貸し出しするなら600円というのは妥当でしょう。

 

ほかにも解約料、消費される電気代、メンテナンス料金などによって多少の変動があります。詳しくは宅配水人気ランキングで各社のウォーターサーバースペックを比較してみてください。

 

総合的に判断して、天然水で総合料金が一番安いのはアクアセレクトになります。
アクアクララやアルピナウォーターは水そのものは安いのですが、ウォーターサーバーレンタル料金を足すと結局アクアセレクトの月額料金を上回ってしまいます。

アクアセレクトの気になる料金は?記事一覧

携帯電話でもそうですが、このウォーターサーバー業界でもよく問題となるのが解約です。どの業界もお客様獲得のために入り口は広く、出口は狭く設定されています。ウォーターサーバーも決して安くはない解約料金が設定されている場合が少なくなく、これは要注意なのです。実際ある会社のウォーターサーバーを使用しようと思っていても、急な転勤や親の援助なので住むところを変えなくてはいけないケースもあるので、法外な解約料を...