アクアセレクトとうるのん徹底比較

アクアセレクトとうるのんはウォーターサーバーでも人気の二社です。
両社の特徴を徹底比較してい見ましょう。

 

水質

アクアセレクトは日本一の水質として何度も一位に輝いている宮川を源泉としています。
モンドコレクションも受賞するほどのの水質は天然水としては十分すぎるものでしょう。

 

対してうるのんですが、2種類の水を打ち出しています。
その一つは富士山の標高700Mから掘り下げた天然水でミネラルが豊富に含まれています。

 

ココまで聞いたところでは両社ほぼ同じ良質の水のように感じますが、実は少し違うのです。

 

それは水の硬度。
天然水といってもアクアセレクトの天然水は硬度は30です。
これは軟水と言われる種類に所属し、胃腸が発達していない赤ちゃんがミルクを飲む際の水としても使えます。

 

しかしうるのんの水の硬度は72で、日本の水の中ではかなり鉱石含有率が高い水といえるでしょう。
大人がミネラルを摂取するにはいい水と言えるでしょうが、お子さんには少しリスクがある硬度です。

 

よってうるのんはRO水と呼ばれるフィルターにかけた水も販売しています。
ミネラルもすべて取り除かれる分、硬度は22.4まで落とされており、赤ちゃんでも飲むことができます。

 

しかしRO水は水道水から作ることができるので、天然水でないなら他社の安いRO水を買うほうが良いかもしれません。

 

料金

アクアセレクトは12Lで1400円、さらにウォーターサーバーはレンタル無料というコストパフォーマンスです。
うるのんは12Lで1750円、ウォーターサーバーもレンタル料が毎月スタンダードタイプでも800円、良いものですと1000円掛かります。

 

料金的に言ってもアクアセレクトに軍配が上がるでしょう。